コピー機のメリットについて

コピー機のメリットをここではご紹介したいと思います。ここではコピー機のリース、プリンタのリースとして比較していきます。コピー機は保守に入ると保守料の中にトナー代も含まれます。単純に考えていかにコピーカウントにメリットを出すかどうかが勝負となってくる訳です。経費の面から考えると非常にお得です。トナー代もばかにはなりませんし黒トナー、カラートナーと使ったら使っただけ補充してくれます。一報、プリンタのリースで保守に入っていたとしてもトナー代は負担をせざるを得ません。プリンタとは本体代が安くトナー、インク代で設ける仕組みとなっているのは有名な話です。そのトナー、インクが有料な訳です。経費の面からの切り口だけで見てもメリットはかなりあります。また印刷の早さも早く業務が効率に進むといったメリットもあります。デメリットはFAX機能もあり印刷物が混じってしまう位でしょうか。

多機能すぎるコンビニのコピー機。

最近、コンビニのコピー機が多機能ですごいことになっています。今まで通りコピーの機能自体も多機能ですが、住民票や印鑑証明が交付できたり、各種チケットやくじの購入もできます。また、楽譜や地図など、その場で欲しいコンテンツを選んで、プリントアウトすることができます。実用的なものだけではなく、占いなどもあるので楽しめます。各種資格試験の受験の申し込みまでできます。驚いたのは、自転車の保険やバイクの自賠責保険の加入ができるということです。名前もマルチコピー機と言われていますが、マルチどころか今までのコピー機の概念ががらりと変わります。時代に合わせてといえども、ここまでの進化を遂げたことにはただ感心するばかりです。コンビニの中にある、さらに小さなコンビニのようです。忙しい人のための味方になってくれているようにも見えます。

コピー機の歴史における説明

デジタル技術が発達している今日、私たちはプライベートでも、仕事でもコピー機をよく使っています。また種類も、紫外線を使ったUV印刷機やシアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの4色に他の色のインクを使っている6色機、新聞などの印刷に使われる輪転機などたくさんあります。その歴史の始まりはどのようなものであったのかといえば、18世紀後半に蒸気機関で有名な人物が発明したのが始まりだと言われています。なお、その人物が発明したコピー機は150年以上も使用されたと言われています。私たちが現在使われているものはその人物が発明したものとは別のものであり、1950年代に発明されたとされています。それはジアゾ式複写機というもので、明るさが青色の濃さで決められるということが特徴です。そしてパソコンが出現したことによって、さらに発展を遂げるようになりました。現在では立体のものをコピーできる機械も出現しています。そのことから印刷技術は更なる発展を遂げると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*